冠攣縮性狭心症(体験記)

冠攣縮性狭心症とわかってから10年以上。救急車で運ばれたこと、入院、通院、日々の発作のことなど書き残しています。

またも、ご無沙汰してしまい申し訳ございません

2ヶ月ほどご無沙汰してしまいました。申し訳ございません。肺炎の症状も落ち着きました。時期を見て念のため呼吸器科にもう一度かかってきます。(お医者様からくるように言われましたので)

こんな時に呼吸器科にかかるなんて空気読めなくて、医療従事者の皆様申し訳ございませんでした。とはいえ、どおすれば肺炎を防げたんだろう?

 

話は変わりますが、肺炎の最中も発作はありませんでした。仕事も慣れないテレワーク、オンライン商談、この状況で進まない案件、とストレスだらけですが発作はありませんでした。

 

が、話はそれほどうまく行かなくて、

月曜日にやってきましたよ。今回はベッドの中ではなくて、朝食の食器などを並べる手伝いをしてる時、ほんの少しだけ息苦しさを感じました。今まで発作が来る前の胸のザワザワ感はありましたが、発作が来る前に息苦しくなることはありませんでした。もちろん、発作が来てしまったら息苦しさはありました。

ですから、これは肺炎のしっぽかな、なんて暢気に思っていたのですが。あれよあれよと胸が苦しく痛くなり、肩甲骨周りも締め付けられて、蹲るほど強い発作。

ニトロペンまで数歩歩き、なんとか舌の下に投入、ソファーに横になり、身体を縮こませ。両目と両足に力が入って。久しぶりというのもあるかも知れませんが痛かった、苦しかった、辛かった。です。

二錠目を使うことなくニトロは一錠で効きました。久しぶりというのもあったと思うのですが今回はなかなかのビッグサイズでした。

みなさん、こんな状況ですがニトロがきれたらすぐにお医者さんに行った方が良いですよ。

あと、本当に関連粛清狭心症について書かれているサイトや書籍がことが、いかに表面だけなのか。今は新型感染症で手一杯だと思います。落ち着いたら学者様、薬品メーカー様、医療関係者様、もう少しつっつこんだ研究をして下さると嬉しいです。ニトロペンじゃなくて治療薬ができますように。。

肺炎でした

42度の熱が出て、コロナでもインフルエンザでもなく・・・・と前回お話させていただいた続きです。

その後体調はすぐに回復しましたが、37度以下に熱が下がることが無く平熱が37.6度付近という状態に。ちょくちょく38度を超えたり36.9度なんていうこともあったり。特に頭が痛いとかはなく、こほこほと咳が比較的よく出る感じでした。食欲もあり小康状態といった感じなので普通に仕事をしていました。が、先週から背中が痛くてたまらなくなり(咳をしたり大きく息を吸うと我慢できないほど)、寝ていられない痛さが襲ってきたりして・・・・ロキソニンを飲んだりバンテリンを塗ると楽になる気がしたので、ぶつけた記憶はないけど、これが疲労骨折というやつか!?という勝手な思い込み。意を決して整形外科に行ってきました。でごく当たり前にレントゲンを撮っていただきお医者さんから出た診断は肺炎。

肺炎?でこんなに背中が痛いの!と頭の中は?でいっぱいになりながら、土日を家でやり過ごし月曜日に呼吸器科さんへ。抗原検査をしてその場で陰性でしたが念のためPCR検査を行いますということで当日は唾液を提出してだけで帰宅。

翌日指定の時間に伺ったたところPCR検査も陰性で、ようやく普通に診察していただいたところごく普通の肺炎。たんまりと薬をいただいて帰ってきました。

薬を飲み始めて4日過ぎましたが(ほぼテレワークとリモート商談に切り替えて対応させていただきました、お客様ありがとうございました)、熱は37度を超えることが無くなり背中の痛みもほぼなくなりました。(咳はまだ多少出てしまいます。)

42度出たあと、小康状態の時もまじめにお医者さんに行っていればこんなことにならなかった?のかも。いずれにしてもご苦労されている医療従事者のみなさまには手間をかけてばかりです。本当に申し訳ございません。新型ウィルスへの注意は今まで以上に慎重に動きますが、普通に健康でいられるように頑張ります。

 

ご無沙汰して申し訳ございません

新型感染症のせいにはしたくなにのですが、さすがに取引も変化したり仕事のペースが乱れたりで四苦八苦しております。

そんな中、発作は起きずに無事に過ごしていたのですが、土曜日事件が発生しました。昼頃まで何ともなかったと思うのですが、暖かい日にもかかわらず夕方まだ陽があるうちから「なんだか寒い、少しぞくぞくする」と感じるように。家内とイオンで少しまとめ買いをして帰ってくると完全に熱があると思われる状態。体温計が示したのは37.8度。これは早めに食事を済ませておとなしく寝ようと思っていた7時ころ、体温計は39.0度。何とか軽く食事をして布団にもぐりこんだけれど寒さでガタガタ震える始末。ついに体温計は41.1度を示す騒ぎに。さすがに心配になってコロナ相談センター、市立病院に電話をしてもらうものの、その症状なら月曜日まで様子を見てかかりつけ医に相談するようにとの指示。解熱剤としてロキソニンを飲んで布団にもぐっていたら、今度は大量の汗。パジャマ代わりのTシャツは何度も着替えるものの、布団までびしょびしょになるほど。

おかげであまり眠れませんでしたが迎えた日曜日の朝方には38.5度まで回復。もう一度ロキソニンを飲んでおとなしくしていた処昼頃には37.5度まで落ち着いてほぼ絶好調。出かけることもできずのんびりと過ごしていたら夕方にまたまた寒さで震えが来るほど熱が上昇。あっという間に42.0度。またしてもロキソニンを飲んで汗を膨大にかいて布団を濡らして(これでもう替えの布団がない!)朝を迎えて。コロナかなぁという心配が頭をもたげ。

で月曜の朝になったら38.9度、早速かかりつけ医に電話していろいろ説明させていただいたところ、その体温だとコロナうんぬんより地元の総合病院に電話して相談したほうが良い!何だったら救急車でも良いかも、とアドバイス。地元の市立病院に電話したところコロナうんぬんよりも誰か連れてきてくれる人がいるならすぐ救急のほうへとおっしゃっていただきじもと市立病院に向かうことになりました。

救急の駐車場についたらこの番号に電話をください、看護師が向かいます。ということで車の助手席に乗ったまま検温、血圧、酸素濃度、問診を済ませ車で待機。(看護師さんは完全に防護服。そしてその間に家内が事務手続き)ちょっとの時間待っていたらお医者さん看護師さんにより車に乗ったままコロナとインフルエンザのチェック。1時間半ほど車で待っていたらコロナもインフルエンザも陰性と報告いただきドタバタ第1弾は終了しました。医療従事者のみなさまお騒がせして本当に申し訳ございませんでした。

で安心したのもつかの間、じゃあなんで42度もの高温が?ということになりそのまま診察に。点滴、採血2回、レントゲン、CT、心電図、診察などなど・・・・でほぼ異常なし。高熱による頭の痛さやだるさはあるものの吐き気、下痢、腹痛、咳、くしゃみ、めまい、血圧の異常など全くなし。朝から夕方まで病院でお世話になり結論は免疫力の極端な低下によるウィルス原因による発熱ではないか、と言うものでした。木曜日にもう一度受診することになりましたが何ともバタバタした土日でした。

こんな状況の中医療従事者の皆様本当に申し訳ございませんでした。お忙しいところご迷惑をおかけしてしまいました。

で、本日火曜日、普通に出勤しました。