冠攣縮性狭心症(体験記)

冠攣縮性狭心症とわかってから10年以上。救急車で運ばれたこと、入院、通院、日々の発作のことなど書き残しています。

このごろ発作が多い

豪雨による災害があちらこちらで発生しています、本当に残念なのですが人的な被害もあり、心よりお悔やみ申し上げます。まだ気が抜けない状況だと思います、最大限安全だと思われる行動をお願いいたします。口ばかりで何もできずに申し訳ございません。

 

自分はというと実父が他界いたしました。このような時期でもありますし年齢も年齢でしたのでごくごく身内だけで(少し寂しくはありましたが)見送ることができました。それと精神的に関係があるのか、妙にバタバタして、体力的なものなのかわかりませんがこの1か月で発作が2度あり、少々くたびれております。多分ですが実父の他界と発作は何の関係もないような気がしています、それが冠攣縮性狭心症ですから。コロナ禍、少しだけ規則正しいというか、怠惰でない生活を送ってるためか体重はピーク時の2年ほど前から15キロ近く減少(ちゃんと通院していますが問題ないです)、寝起きの時間も規則正しくなり・・・となると発作が増える。相変わらずよくわからない状況が続いております。

というわけで夏本番までもう少し、発作には季節の変わり目が怪しいとか水分不足は危険だとか言われますが念のためいつも以上にお気を付けください。腹囲もなんとなく標準に、血圧、そのほか血液検査結果もよし、お酒は超々控え、たばこは禁煙してすでに15年以上。こんな状況でも発作はやってきます。ネットの情報などを単に鵜吞みするのではなく自分のペースを見つけたり、ニトロをすぐ服用するなどぜひぜひご自愛ください。

相変わらずとりとめのない話でも申し訳ございませんでした。

またも、ご無沙汰してしまい申し訳ございません

2ヶ月ほどご無沙汰してしまいました。申し訳ございません。肺炎の症状も落ち着きました。時期を見て念のため呼吸器科にもう一度かかってきます。(お医者様からくるように言われましたので)

こんな時に呼吸器科にかかるなんて空気読めなくて、医療従事者の皆様申し訳ございませんでした。とはいえ、どおすれば肺炎を防げたんだろう?

 

話は変わりますが、肺炎の最中も発作はありませんでした。仕事も慣れないテレワーク、オンライン商談、この状況で進まない案件、とストレスだらけですが発作はありませんでした。

 

が、話はそれほどうまく行かなくて、

月曜日にやってきましたよ。今回はベッドの中ではなくて、朝食の食器などを並べる手伝いをしてる時、ほんの少しだけ息苦しさを感じました。今まで発作が来る前の胸のザワザワ感はありましたが、発作が来る前に息苦しくなることはありませんでした。もちろん、発作が来てしまったら息苦しさはありました。

ですから、これは肺炎のしっぽかな、なんて暢気に思っていたのですが。あれよあれよと胸が苦しく痛くなり、肩甲骨周りも締め付けられて、蹲るほど強い発作。

ニトロペンまで数歩歩き、なんとか舌の下に投入、ソファーに横になり、身体を縮こませ。両目と両足に力が入って。久しぶりというのもあるかも知れませんが痛かった、苦しかった、辛かった。です。

二錠目を使うことなくニトロは一錠で効きました。久しぶりというのもあったと思うのですが今回はなかなかのビッグサイズでした。

みなさん、こんな状況ですがニトロがきれたらすぐにお医者さんに行った方が良いですよ。

あと、本当に関連粛清狭心症について書かれているサイトや書籍がことが、いかに表面だけなのか。今は新型感染症で手一杯だと思います。落ち着いたら学者様、薬品メーカー様、医療関係者様、もう少しつっつこんだ研究をして下さると嬉しいです。ニトロペンじゃなくて治療薬ができますように。。

肺炎でした

42度の熱が出て、コロナでもインフルエンザでもなく・・・・と前回お話させていただいた続きです。

その後体調はすぐに回復しましたが、37度以下に熱が下がることが無く平熱が37.6度付近という状態に。ちょくちょく38度を超えたり36.9度なんていうこともあったり。特に頭が痛いとかはなく、こほこほと咳が比較的よく出る感じでした。食欲もあり小康状態といった感じなので普通に仕事をしていました。が、先週から背中が痛くてたまらなくなり(咳をしたり大きく息を吸うと我慢できないほど)、寝ていられない痛さが襲ってきたりして・・・・ロキソニンを飲んだりバンテリンを塗ると楽になる気がしたので、ぶつけた記憶はないけど、これが疲労骨折というやつか!?という勝手な思い込み。意を決して整形外科に行ってきました。でごく当たり前にレントゲンを撮っていただきお医者さんから出た診断は肺炎。

肺炎?でこんなに背中が痛いの!と頭の中は?でいっぱいになりながら、土日を家でやり過ごし月曜日に呼吸器科さんへ。抗原検査をしてその場で陰性でしたが念のためPCR検査を行いますということで当日は唾液を提出してだけで帰宅。

翌日指定の時間に伺ったたところPCR検査も陰性で、ようやく普通に診察していただいたところごく普通の肺炎。たんまりと薬をいただいて帰ってきました。

薬を飲み始めて4日過ぎましたが(ほぼテレワークとリモート商談に切り替えて対応させていただきました、お客様ありがとうございました)、熱は37度を超えることが無くなり背中の痛みもほぼなくなりました。(咳はまだ多少出てしまいます。)

42度出たあと、小康状態の時もまじめにお医者さんに行っていればこんなことにならなかった?のかも。いずれにしてもご苦労されている医療従事者のみなさまには手間をかけてばかりです。本当に申し訳ございません。新型ウィルスへの注意は今まで以上に慎重に動きますが、普通に健康でいられるように頑張ります。