冠攣縮性狭心症(体験記)

冠攣縮性狭心症とわかってから10年以上。救急車で運ばれたこと、入院、通院、日々の発作のことなど書き残しています。

新幹線が混んできた

以前にも少しお話しさせていただいたのですが、新幹線での移動が比較的多い営業マンです。非常事態宣言のピークのころには1両貸し切りなんてこともよくあったのですが、最近は出張の人や修学旅行生さんたちで新幹線も随分とにぎやかになってきました。すいている新幹線は快適でしたが、やはり新幹線は多くの人が乗っているほうが活気があってこちらもやる気が出ます。(時々ツアーのお客様に閉口することもありますが・・・・)

で、なぜ新幹線の話なのか?

早朝6時台の新幹線で移動中、まさかの発作があったんです。朝早い新幹線だったので3人掛けの窓際の席に一人で座っていたので特に何がではなかったのですが、これが混んでいる新幹線だったとしたら・・・

隣の席に人がいたら発作を起こしている自分を完全に怪しい人と思うはず。何せ胸のあたりを抑えて変にもじもじしてポケットを探ってニトロを含んで急にじっとして。数分経ったら何事もなかったかのように普通にしている。自分だったらこんな人が隣にいたらかなり不安になり不気味になります。

場合によってはうめき声のようなものまで出てしまいますから車掌さんを呼ばれてもおかしくない状況ですよね。

こちらも悪気があってやっているのではないのですが、発作が起きてしまうとどうにもこうにもなんともならず。

で、教訓。

新幹線に限らず電車などに乗る時はニトロをふだんより出しやすいように持とう!

ふだんからニトロはカバンや財布のほかにスラックスのポケットに持っています。ただ新幹線などに座っているとニトロを取り出すのに何かと不便。で、こんな教訓を自分に言い聞かせました。

という話でした。

ホテルで発作

新型ウィルスが少しだけ落ち着いてきた雰囲気が漂いはじめ(もちろん気は抜きませんが)、お客様とのやり取りがオンラインからリアルに少しずつ戻り始めています。新幹線に乗る機会が格段に増えてきたと同時にホテルに泊まることも増えてきました。

で、困るのはホテルで発作が起きた時。もちろん普段使いの薬もニトロも持ってきていますが、起きているとき以外、特に朝。まだ、うとうとしているときに来た発作には手を焼きます。

発作が来そうだ、とわかってもなんとなく寝ぼけていていつも自宅でベッドの横においてあるニトロを探してしまう。で、ここはホテルだった・・・・あ、あそこにあった・・・とニトロを含むまでに若干余分な時間が。場合によってはこの1分くらいで発作がきつくなることもあり。やれやれです。

なぜこんなことを書くのかといえば、ここまでの話が今朝の出来事だったからです。都内のホテルの窓から土砂降りの外を眺めながらこのブログを書いています。今からかzも強い土砂降りの中を出かけなくてはならないのかと思うとそれだけで気が重いのに、発作で少しマイナステンションから始まるため一層気が重いです。

とはいうもののニトロのおかげですっきりしていますから気を取り直していってきます。

すみません何の情報提供にもなっていませんでした。

 

 

ご無沙汰しているうちに2022年4月に

このブログを訪れる方はもういらっしゃらないかな、というくらい間をあけてしまいました。コメント欄から情報発信できなかった皆様申し訳ございません。バタバタとしている間に4月になってしまいました。

ワクチンは3回目(モデルナ・モデルナ・モデルナ)接種、翌日38.6度まで上がりましたが1回目、2回目に比べれば40度にも達せずかなり楽でした。おかげさまで今のところ感染することもなく過ごしています。いまや感染は仕方がないとして、感染してしまった方の後遺症が残らないことを祈るばかりです。

1月から3月にかけて発作はありませんでした。さすがに年末年始と年度末の忙しさに加えコロナで動きが不自由だったにもかかわらず発作は無し。ワクチンを打ったからといって発作は無し。相変わらずすぐに酔ってしまうようになりましたが(狭心症or血圧の薬を飲むようになって酔いが超々早くなりました)発作は無し。

ところが4月の中盤になって少しだけ仕事や私生活が普通になってきたら2度も発作がありました。日曜日の朝4時ころ発作で目が覚めて、水曜日ベッドで目が覚めたとたんやってきました。水曜日のはニトロですぐに治まって大したことなかったですが、日曜のは久々だったせいか苦労しました。

寝ているといっても目が覚めかけていたのか、なんとなく胸のあたりがもやもやして目が覚めてしまい。ぼーっとしているうちに一気に胸が苦しく痛く押しつぶされそうになり本気の発作到来。あれよあれよという間に顎がきしむような痛さになり目玉の奥がギュッと抑えられるような痛さと苦しさに。ベッドの横にあるニトロを口に含まないと!と思いつつも痛さと苦しさでしばらく丸くなってしまい・・・・。でも痛さも苦しさも変わらずなんとかニトロを手にして舌下に一錠。苦しいせいか効いてくるまでが本当に長く感じそうで、まずいかな?と思いつつも2錠目を2分後くらいに舌下に入れてしまいました。1錠目が普通に効いたのか、2錠目を使ったから治まったのかはわかりませんがたぶん5分ほどで治まりました。治まる時の緊張のほぐれ方も大きなもので、ほんとうにふ~~~っとため息をつきながら一気に体中の力が抜けていく感じでした。

で、一度治まってしまえば全く何事もなかったかのような状態。せっかくの日曜日でしたが4時半ころからテレビをつけて(テレビショッピングしかやってなかった)、コーヒーの支度を。おかげで朝早くから動き出せてたっぷりと日曜日を堪能できました。

 

ということで相変わらずの感想、「仕事も私生活もストレスも疲労もお酒もワクチンも発作には一切関係なさそう」です。

 

と自分の感想ですが世間一般の(?)冠攣縮性狭心症の皆さんの発作が起きるきっかけも原因不明意味不明なんでしょうか。あと発作が久しぶりだと被害も大きいんでしょうか。