冠攣縮性狭心症(体験記)

冠攣縮性狭心症とわかってから10年以上。救急車で運ばれたこと、入院、通院、日々の発作のことなど書き残しています。

クレジットカードで

これほどまでの医者嫌いが
素直に病院に行こうと思ったのには・・・



いままでもずっと書いてきましたが、これほどまでの「医者嫌いが」なぜ医者に行こうと思い立ったか。それにはちょっとした経緯があります。本当は医者嫌いではないのでは?と思われるかたもいらっしゃるとは思いますが、医者嫌いです。自慢ではありませんが嫌いです。(今は宗旨代えをして、お医者様に感謝しています)

医者に行こうと思ったきっかけはクレジットカードです。不思議に思われる方もらっしゃると思いますが、クレジットカードの、あるサービスがきっかけで医者に行く決心をしました。

私が持っているカードは 三菱UFJニコスカードです。普通に言うならばニコスカード、もっとわかりやすく言えば日本信販カードです。(それにしても銀行や金融機関の合併は恐ろしいまでですね。第一勧銀や富士銀行はいずこへ?UFJってもともとなに銀行?そういえばさくら銀行なんて無かったっけ?・・・・・)さらに細かく言うとNICOSゴールドカードです。決して見栄でゴールドカードを持っているあけではありません。もし見栄で持つならば、アメックスかダイナースでも持ちますよ。何年か前、仕事のつきあいで、どおしても断れなくてNICOSのゴールドカードを持つことにしました。

確かにゴールドカードは特典がいっぱいです。でも滅多に海外旅行など行かない自分にとって、これらの特典は宝の持ち腐れ。おまけに年会費無料で身近な特典がいっぱい付いたカードが山のようにある中で、年会費10,500円。今度の年会費引き落としぎりぎりまで使って、来年こそこのカードやめてやろう!と思いながら早数年。いったいこのカードを持っていて何の得があるのかと思うことすら忘れてしまっていたある日、役に立ちました三菱UFJニコスゴールドカード!

狭心症といえばニコスカードといいたいくらい役に立ちました。もちろんほかのカードでも狭心症に役立つクレジットカードはあるはずです。どのように役にたったかは次回お話しさせていただきます。みなさまもご自分がお持ちのカードの特典を探しておいてください。この様に書く以上ニコスのアフェリエイトでも貼っておいた方がよいのでしょうか。