冠攣縮性狭心症(体験記)

冠攣縮性狭心症とわかってから10年以上。救急車で運ばれたこと、入院、通院、日々の発作のことなど書き残しています。

こんな時間に!?!

夏季休暇は4日間(平日2日+土曜+日曜)でした。
平日は帰りがいつも遅いので、今回は子供としっかり遊びました。

夏休み初日は、少し遅れて子供の誕生日を祝うことになりました。午前中はマンションの前の道路で一輪車や縄跳びをするのに付き合ったのですが、30分ほどで二人とも汗だく。こっちは何をしたわけでもないのに汗だらだらです。あっという間に部屋に引き上げてしまいました。冷蔵庫から冷たい水を出して一気飲み、この一杯は何にもましておいしいです。
それにしても一輪車なんぞによくも器用に乗るものだと感心してしまいます。自転車の練習のときは散々怒鳴りましたが、今回はまったく口出しできません。子供の一輪車を借りてまたがるものの、まったく乗ることができません。なので注意できるわけなくて・・・・・おかげさまで友達に助けてもらって乗れるようになったようです。
そのあと子供のリクエストで不二家に頼んでおいたケーキを取りに行き、お昼兼でハッピーバースデイとなりました。
少しのんびりして、明日から出かけるための食材を近所の大型スーパーに買出しに。その帰りにハッピーバースデーの続きの外食を、と予定していましたが、夕方になってもまだ暑さが収まらないため、買った食品が傷まないようにいったん自宅に戻り、冷蔵庫に詰め込んで改めてお出かけです。
ファミレスかと思いきやリクエストは「カッパ寿司」。ハッピーバースデイというと洋食を思い浮かべるのは古臭いのか?やはり平凡な中年お父さんにはわからない一面です。が、それはそれでこちらもうれしいリクエスト。夏休み真っ最中のカッパ寿司の混雑加減は想像にお任せいたします。

さて翌日からは昨日買い込んだ食材を詰め込んで、キャンプに出発です。キャンプといってもガソリン高騰の折、ごく近場のキャンプ場で一泊8,000円のバンガローを借りただけですが。それなりに川遊びをしたり、バーベキューをしたりと盛り上がりました。350ml缶を2個重ねて作るサバメシ(サバイバル飯=災害の時用)つくりは親も真剣になってしまいました。
近所の温泉を割引券利用で750円(大人2名・子供1名)と格安で利用した後、ビールもおいしく、そんなこんなで疲れてしまって初日は10時ころ親子3人ぐっすりと寝入ってしまいました。

お気づきの方はお気づきと思います。発作がやってきたのです。ニトロを口に入れて落ち着いた後、何時ころだろうと気になって携帯を確認しました。また4時ころかなあ〜と思ったのですが、なんと午前0時56分。あまりに早く寝てしまったためこんな時間に出てきたのでしょうか。
せっかくのお休みで、しかもこんな状況で&こんな時間に!!!!
かなりショックを受けてしまいました。家内もさすがに起きてきてかなり驚いているようでした。とりあえずなんでもないから、というか治まってしまえばいつもどおりだからということで、改めておやすみなさいです。

ところが、もう一度やってきたのです。
なんとなく目が覚めてしまい、バンガローを出て外のトイレに行き、手を洗って「星がきれいだなあ~~」なんて柄にもないことを思いながらもう一度布団に入りました。それから数分後にやってきました。
近場で済ませていますから山の中といっても、普段よりちょっとだけすごしやすい程度の気温ですから、寒さによって起きた発作とは考えにくいです。遊びすぎて疲れたからというほどでもありません。またまた家内もおきてしまい、さすがに心配そうで、明日の朝帰ろうと言い出すしまつ。が、ニトロのパワーは絶対で、とにかく寝ようということになりました。

結局、いつもの4時半ころの発作もなく、朝ごはんの支度をしたりしましたが、7時ころの発作もなく川遊びで一日過ごし、またまた温泉に格安で入ってと2泊3日のキャンプを楽しく過ごしてくることができました。

が、家内は外出先(宿泊先)で、それもあんな時間に2回も発作が起きたことにかなりショックを受けたようです。出張中に起きたら。。。というようなことを考えてしまったようです。自分自身は発作が起きた場所はあまり気にならなかったのですが、時間についてはかなりショックを受けました。
楽しかったような多少引っかかるものがあったような夏休みでした。

ちなみに我が家のキャンプは非常にコンパクト(というかいい加減で&邪道な手抜き)で、
2日目 3日目の朝食は食パンに目玉焼きか卵焼き+出来合いのコーンスープなどと簡単なサラダ。真剣に朝から調理している人を見ると申し訳なくなってしまいます。火を起こすのも面倒なときは持参したカセットコンロで対応してしまいます。それでも何とか炭火を起こしたときは遠火で食パンを焼くと、いつものトースターで焼くパンよりもおいしい気がします。
さらにキャンプの晩御飯の定番メニューであるカレーは、なななんとレトルトのカレーにレトルトのハンバーグ。これをレトルトのご飯の上にかけて出来上がりです。一応レトルトのカレーはなべにあけ、たまねぎやナスをいためて入れることもあります。こうしないと格好がつかなくて・・・
子供は火でいろいろ焼いて食べることができるので大はしゃぎです。クッキーを焼いてみたり(もちろん生地からではなく出来上がったクッキーです)ハンバーグや野菜をあぶってみたとやりたい放題です。
こんないい加減なキャンプですが、それなりに楽しく、超ローコストで楽しむことができます。我が家の経済状況には本当にやさしくてぴったりな遊びです。

まだ暑いけど仕事がんばろっ!
皆さんも暑さには十分注意してくださいね。