冠攣縮性狭心症(体験記)

冠攣縮性狭心症とわかってから10年以上。救急車で運ばれたこと、入院、通院、日々の発作のことなど書き残しています。

ちょっと夏バテ?

夏休み明け気持ちよく出勤したのですが、
仕事が切羽詰ってきてしまいました。

大忙しになってきてしまいました、とってもいいことなのですが完全にキャパを超えてしまってお客様に迷惑かけそうです。綱渡りの域を超えてしまうことがほぼはっきりしてきたので、今日からぼちぼちお詫びの電話をしなくてはなりません。ちょっとつらいです。もめそうな案件も抱えています。。。。こんなときに限って社内的にも少しごたごたしているのです。

今までの浅はかな判断からすると、こんなとき結構朝方発作がやってきます。偶然かもしれませんが、やってくる気がします。

しかし、月曜日~木曜日まで発作がきていません。(なんて書いたときに限って発作が来るような気もするので書きたくないのですが・・・)火曜日から朝の通勤電車は結構憂鬱な気分で乗っています。入院する前は電車の中で急に苦しくなることがあったのでちょっとどきどきしますが、発作は来ません。
やはり精神的なことや自律神経の関係で発作が起きるというのは違うような感じです。

話は飛びますが、(過去のブログでも書かせていただいたと思います)救急車で運ばれる前、つまり自分が狭心症であることを知らなかったころは電車の中で苦しくなることがたびたびありました。つり革にしがみついてじっと耐えたり、途中駅で降りてベンチに座り込んだりといろいろありました。通勤途中で収まってしまうこともあり、会社についても苦しくて仕方がなかったりといろいろではありました。でも今考えると、苦しいながらも普通に仕事していたわけですから、小さな~中くらいの発作だったと思います。電車の中で発作がおき、真冬なのに汗だらだらということが懐かしく思えたりしますが、2度とごめんです。
ところが、退院してからは通勤途中の発作がなくなりました。(あったけど忘れてしまったのかも、という程度です)
これはこれでうれしいのですが不思議な現象です。ニトロを持っている安心感からなのでしょうか?もしそうだとするとやはり冠攣縮性狭心症の発作は精神的なもの?となってしまいます。
とにかく不思議な病気です。治ってしまわないかなあ~

ところで
若葉マークさま、せっかくコメントいただきながら返事が遅くなり申し訳ございません。あまりうれしくない仲間入りかもしれませんが、「自分だけじゃない」って思っていただくことに役立てればこのブログも浮かばれるかも。でも頼りないブログですから正確な情報はきちんと仕入れてくださいね。これからもよろしくお願いいたします。

ゆま@fxシステムトレードさま、おっしゃるとおり、パソコンのトラブルは本当につらいです。他愛もないブログですがこれからもよろしくお願いいたします。

スポンジさま、ちょくちょくブログ拝見(お気に入りに入れさせていただきました)させていただいておりますが、なかなか書き込みもせずいつも読み逃げですみません。いまだ名無しでなかなか・・・
本当にパソコンて高いおもちゃですが、使用頻度(使用時間)を考えると冷蔵庫、照明器具の次ぐらい時間単価が低いかもしれません。お互い大事にしましょうね。
おかげさまで夏休み楽しんできました。なかなかお休みが取れないご様子なのに、こんなこと書いてすみません。お嬢様の1週間の冒険、無事にお帰りでよかったですね。うちの娘も後数年したら味わわせてやろうかと思います。「文明の利器」と「親の手助け」に感謝しろよって感じで!
今度名前を決めて書き込みに行かせていただきます。相変わらずこんな感じですがよろしくお願いします。