冠攣縮性狭心症(体験記)

冠攣縮性狭心症とわかってから10年以上。救急車で運ばれたこと、入院、通院、日々の発作のことなど書き残しています。

時々ヒヤッとするテープです

フランドルテープを利用した方はご存知と思いますが
テープと言うよりごく薄いフィルムのようです。

トーアエイヨーさんという会社で作ってらっしゃいます。
http://www.toaeiyo.co.jp/index.html
で、製品自体はこちらで確認できます。
http://www.toaeiyo.co.jp/jyunkanki/harikata/howto_ft40.html

シップ薬のように厚みも臭いもなく、サロンパスよりさらに薄い感じで、大げさに言うと厚手のサランラップのようです。正直言うとものすごく頼りない感じなのです。
でもこれが本当に頼りになるから不思議です。
トーアエイヨーさんのホームページを見ると、これだけ薄いフィルムなのに、何層かの構造になっていて薬をしみこませてあるとのこと。だからシップのように切って使うことはできないそうです。驚きの技術ですね。

若干気になる点として、トーアエイヨーさんのページには記載がないのですが(タダ単に私の見落としか?)、そのほかのサイトには習慣性があるので数時間とか半日貼らないでいたほうが良い、とも書かれています。本当のところはどおなんでしょうか。
素人のブログをプロである方が見ているとは思えませんが、もしトーアエイヨーさんのかたがご覧でしたら&お暇があったらコメントいただけませんでしょうか。いや御社のサイトにてご説明くださると助かります。すでに記載があるのであればごめんなさい。

海外に請求書を送ると言う事態が我社で発生しました。小さな会社ですから海外と取引などないのですが、お取引をさせていただいている会社さんのある仕事がこの会社の海外部署の仕事だったのです。仕事自体はすべて日本国内というよりも港区で完結したのですが、請求書原本は直接海外に送ってくれとのこと。その部署の承認印が押されて、日本にその請求書が回ってきたらいつものようにお支払いするからと。
通常の郵便では到着が確認できないので、海外宅配便を使ってくれと言われここからがもう大変。ネットで調べてFedexにお願いしました。結果的に何のことはなかったのですが、ひと騒動でした。

今日も発作なし!