冠攣縮性狭心症(体験記)

冠攣縮性狭心症とわかってから10年以上。救急車で運ばれたこと、入院、通院、日々の発作のことなど書き残しています。

トーアエイヨー様

冠攣縮性・心筋梗塞トリオなんて恐ろしいグループ名はジャニーズにも絶対いないだろうなあ〜、なんてのんきなこといっている場合じゃないですよね。自分の場合冠攣縮性狭心症だけでこんなブログ立ち上げて大騒ぎしていますから、お恥ずかしい。それにしても新人ユニットの皆さん本気で大事にしてくださいね。

このところ本当にお世話になっているのがトーアエイヨー様のフランドルテープ。まだこのテープを処方されていなかったころは、とにかくニトロに頼るしかなく、ニトロで収まるとはいっても発作が起きることは起きてしまい、それなりにつらい状況でした。
1ヶ月で100錠のニトロを使ったことがあり(昔書かせていただきました)、家内にニトロを2回も追加で取りに行ってもらうほどでした。

で、その後の診察の日にフランドルテープを処方していただき、それからは絶好調。ニトロに続く神様のような薬の登場に大喜び。効果も抜群でとっても頼りにさせていただいております。
使い始めると気になったのがお風呂。貼ったままでもよいとあるのですが、やはり体を洗う時に気になりますし、ついついごしごしやってはがしてしまうことも。う〜〜〜〜ん、なんて思っていたら「いったん体からはがしたテープは、清潔にしたペットボトルのようなつるつるしたところに貼っておいてまた使えばよいよ!」とあるではないですか。
これは良いことを!ペットボトルではなくお風呂の前の洗面台の鏡をきれいにして早速実施。

驚いたことにいったんはがしたというのに粘着力はわずかに下がっただけ。これには本当に驚きました。シップ薬や、絆創膏もこのようにならないものかと真剣に思いました。それより何よりこの技術は普通にセロテープなどにも応用できないのでしょうか。それほどびっくりです。

と、いいことづくめのフランドルテープbyトーアエイヨーさんなのですが、一点お願いがあります。効果も抜群、使い勝手も最高なのですが、一点だけ。
(これは自分が汗っかきだからであって、通常に利用されていらっしゃる方には関係ないのかもしれませんが。)

なんとか、汗ではがれないようにならないでしょうか。夏場の日中の汗は意識していますから。はがれてきてしまったらちょっとトイレで、ウェットティッシュで体を拭いて貼りなおし。これでばっちり!(本当にすごい)

しかし寝汗の場合が問題なのです。
汗っかきの自分は大量に汗をかき、気づかないうちにフランドルテープが浮いてしまいます。そしてそれに気づかず寝返りを打ったりしている間にテープが丸まってはがれてしまう。こんなことが時々あるのです。
で、間が悪いことにテープがはがれるのが夜のうちから明け方にかけて(だと思います)。そして発作が始まるのが早朝から午前中。汗で浮いたりはがれなくなるといいのですが。
お忙しいことは充分わかりますし、すでに完成度の高い薬であることも、そんなこと言うやつが自分くらいであることもわかります。

でも、もしお時間と研究費に余裕がありましたら、ついでの際に改良いただけると・・・無理を承知でお願いいたします。
あの〜〜、決してトーアエイヨーさんに難癖つけているわけではないので、そこだけはご理解ください。

このブログをお読みの方の中には、「相変わらずわがままだね~」と思っている方もいらっしゃると思います。そうなんです、実はわがままなんです。というやつが書いているブログですがこれからもよろしくお願いします。皆さんがもっと使いやすい掲示板のようなブログを立ち上げればよいのでしょうが、そこまでの技術力もなく。。。すみません。