冠攣縮性狭心症(体験記)

冠攣縮性狭心症とわかってから10年以上。救急車で運ばれたこと、入院、通院、日々の発作のことなど書き残しています。

眼のほうの治療費

狭心症の話でなくて恐縮です。

以前にも少しだけ書かせていただきましたが、
左眼が「黄班変性症」というのにやられています。
加齢性黄班変性症というらしく、この加齢という言葉に妙に反応してしまうのですが、気がつかないだけで30代から発症していたようですから、加齢じゃないと思うのですが。まあ、半日+α以上かけての診察の結果なので仕方ないでのすが。。。。やはりひっかかります。

ホームページで簡単に出てくるので、興味があって正確に知りたい方は私のいい加減な説明ではなくそちらを見てください。(冠攣縮性狭心症のことといい、この黄班変性症のことといい、みんないい加減ですみません。まあこんなやつのブログですからあきらめて読んでください。ほんと、すみません)
ものすご〜〜く簡単に説明すると、左眼のちょうど焦点が合うところに新生血管て言う未熟であるはずのない血管が生まれてきて、焦点が合うところが本来へこんでいるはずなのに、膨らんでしまっていてピントが合わなかったり、明るさを検知できなかったりするのです。
じっさいはというと、右目で見るとなんともないのに、左眼で見ると見ている調度真ん中あたりが暗っぽくて、ゆがんで見えるのです。夜道を歩いているときなど両目で見ているので基本的には問題ないのですが、右目だと見える標識が左眼だと消えている、なんてことがあるのです。

と、まあこのようなことはこのわかりにくい表現よりも、きちんとしたホームページをご覧ください。で、何が今日は言いたいかというと「治療費が高い!!」ということです。
なかなかいいじゃん、ていう治療法があったのです。ノバルティス ファーマという会社から出ているルセンティスという注射がいいらしい。と友人が教えてくれました。ノバルティス ファーマという会社がネット上でも相談を受け付けているというので、軽い気持ちでメールを送信したところ、その日のうちに電話でいろいろと回答が来ました。
かなりいいらしい!
自宅から電車で15分ほどのお医者さんで治療できるらしいし、これは良い情報だと大喜びだったのですが、眼球に直接注射するとわかり、かなり抵抗があります。それとかなり高額らしいのです。

どれくらい高額かと言うと、3割負担で自己負担が1セット(3回)162,030円、その後数回の注射で1回当たり54,010円。1年間で30万円ほどの負担になるようです。悩む〜〜〜〜〜〜〜〜。

え〜〜、本日は狭心症の話ではなくてすみませんでした。

釣り好きさん はじめまして。コメントありがとうございます。私自身こんなブログを書いているだけで専門家ではないので、詳しくは控えさせていただきますが、「基本的に治らないけど、絶対治らないわけではない」といわれ納得しています。上手に付き合うしかないかなあ〜って。でもいつか治りますようにとはいつも思っています。それと薬で頭が痛くなるのは自分の場合時々です。これはかなり助かっています、ぜひに名さんのコメントを参考にしてください。こんな感じですがよろしくお願いします。

むんろーさんこんにちは。最近いかがですか?ワクチン2回目は受けないです、効いてくれるといいのですがmワクチンなんて子供のとき依頼でどきどきしてます。これからもよろしくお願いします。

アクシリオンさんこんにちは。アクシリオンさんの体調はいかがですか?
自分も家内も「宵越しの金はもたねえぜ!」ってタイプなんです。蓄えなんてまったくないのに困ったもんです。だから早く景気が良くなってくれないと。。。薬代節約できないし。でも最近安定してきてほんとにうれしいです。

スポンジさん、一言だけ。
身体にだけは気をつけてください。

みなさまこれからもよろしくお願いします。