冠攣縮性狭心症(体験記)

冠攣縮性狭心症とわかってから10年以上。救急車で運ばれたこと、入院、通院、日々の発作のことなど書き残しています。

忘れていた(勘違いしていた)

4月9日だった! 勝手に勘違いして5月9日だと思っていた!
診察の日はまだなのに薬が足りなくなってきたからおかしいなあ、
とは薄々思っていたのですが・・・・

そうです、お医者さんに行く日を完全に勘違いしていました。

とりあえず電話で改めて予約を入れてもらい、翌日それまでに
足りない分の薬の処方箋だけいただいてきました。やれやれです。

残っていた薬は
フランドルテープ、シグマート、ヘルベッサーとニトロペン。
足りなくなってしまった薬は
ノルバスク、ニトロール、バイアスピリンです。
(ちぐはぐに残っているところが自分のだらしなさ)


正直なところ体調には変化を感じませんでした。
薬がなくなってからの2週間は発作がありませんでした。

ところが、ようやく薬をいただき、きちんと再開した翌日の
朝やって来ました。目が覚めて数分、そろそろベットから
出ようかな、なんて思っている頃の時間です。
ニトロペンですぐに治まりましたが

ほんと、よくわかりません。