冠攣縮性狭心症(体験記)

冠攣縮性狭心症とわかってから10年以上。救急車で運ばれたこと、入院、通院、日々の発作のことなど書き残しています。

すっかりご無沙汰してしまいました

なんだか忙しくてすっかりご無沙汰してしまったこのブログ。
みなさまからの意見交換&情報交換の場としてその存在意義が
主であるにもかかわらず、本当にすみませんでした。

ところで、直接いただくご質問で相変わらず多いのが
「○○○という状況なんですが、これって狭心症ですか?」
というもの。
いつもしつこくご案内させていただいておりますが
少しでもおかしいと思ったら迷わずお医者さんに行ってください。

それは
・自分も、狭心症はおろか心臓が原因だなんてまったく思っていなかった。
・強烈な肩こり----サロンパスでも貼っておこうか、くらいに思っていた。
・このブログに情報をくださる皆さんの話からも症状は本当に人それぞれ。
・またまた自分の話で恐縮ですがお医者さんに行くのが面倒なほどに回復する。
といった状況であるにもかかわらず
・原因が心臓であること。(狭心症なら)
・最悪の場合もあること。
ということになります。

皆さんの話を読ませていただくと
・なかなかお医者さんがとり合ってくれなかった。
・まったく違う病気だった。

ということもあるようですが
そんなことをいちいち気にして入られません。

ぜひ いや 必ずお医者さんに行ってください!