冠攣縮性狭心症(体験記)

冠攣縮性狭心症とわかってから10年以上。救急車で運ばれたこと、入院、通院、日々の発作のことなど書き残しています。

初〇〇

1月も今日で終わりです。

タイトルに初〇〇と書いたので、

かなりの方が

2020年初発作来たか!

と、思われたことと思います。

 

 

が、違います。

初発作なしで1月を乗り切りました!

(厳密には後14時間ありますが・・・・)

 

 

本当に不思議です、

発作ってどんな時に起きるんだろう。

 

 

このブログでは何度も何度も

いわゆる愚痴として書かせていただいています。

なので、またこの話かぁ~

と思われる方も多いことと思いますが、

また愚痴です、すみません。

 

 

自分の場合(あくまでも自分の場合です)ですが、

冠攣縮狭心症などのワードで検索かけて、

表示される結果に出てくるページを覗いてみても

原因や、発作が始まるフック的なもの、

全くと言ってよいほどあてはまらないんですよね。

 

自律神経の乱れは、自分でよくわからないので何とも言えないのですが、

仕事で失敗した時、追い詰められた時、切羽詰まった時、

思った以上にすんなり解決した時、仕事がひと段落した時、

発作はこれに一切関係なくやってきたりやってこなかったり。

 

 

(今思えば)発作が起きて苦しいのにタバコを吸って落ち着こうとしたり、

救急車で運ばれて以来すっぱりタバコをやめて12年禁煙、

でも煙草に一切関係なく発作はやって来る。

(こんなバカなこともしてました

 

 

これはお酒も同じこと。

薬を飲むようになってからすぐに酔ってしまうようになり

お酒の量は減ったような気がしないでもないですが、

呑まない時も呑んだ時も発作の確率は多分変わらない。

 

 

というわけで相変わらず発作の原因は不明。

少なくとも自分の中では全く読めません。

 

 

ニトロがあれば発作は10分ほど我慢するだけですから

それほど騒ぎ立てるほどのことでもないです。

ただ、そうは言っても発作が起きれば苦しいし、痛いし、

気分的にはどんよりするし(すぐケロッとしてしまいますが)。

さらに言えば人に会っているとき、電車の中、

まだ寝ているときなどの発作は避けたいし。

 

 

ほんと、きっかけさえわかればなんとかするのですが

今のところ自分ではきっかけが全く不明。

あ、やばいかも!というのは解りますが

これでは時すでに遅し。

 

 

このブログももう少し真面目に運営して、

医療関係の方の目に留まるようになったら、

(または厚労省などのかたのほうが早いかな)

冠攣縮性狭心症について

もっと研究が進んだりするのかなぁ~~~、

などと思ったりもします。

 

 

すみません、きっといらっしゃるであろう

研究されていらっしゃる方に失礼でした。

どこにでもいる患者の愚痴だとスルーしてください。

 

 

というわけで、今回も大愚痴掃き出しブログで終わってしまいました。

本当に申し訳ございません。

 

 

冠攣縮性狭心症と診断された方は良いとして、

お医者さんに行かずにこのブログや寄せられるコメントを見て

「おなじだなぁ」と思っていらっしゃるそこのあなた。

間違いだったらうれしい誤算じゃないですか、

一切気にせずお医者さんにすぐ行ってください。

土曜日も診察されていらっしゃるお医者さんありますよ。